メニュー

単純ヘルペス

単純ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することで、皮膚や粘膜に水ぶくれができる病気です。

単純ヘルペスウイルスは、一度感染すると、神経に潜伏し、疲労や日焼けなどによる免疫低下によってウイルスが再活性化することで再発します.

再発する前に、唇やその周りで感じるピリピリといった初期の違和感はウイルスが再び活動を始めたサインです。

日頃から適切に休養をとり、規則正しい生活、バランスのよい食生活を心がけることが予防につながります。

早めに抗ウイルス薬の内服治療をすると症状を早く抑えることができます。

通常は5日間の内服治療を行います。

再発が頻繁におこるなど、医師が必要と判断した場合は、PIT(Patient Initiated Therapy)療法といって症状が出ていないときに受診していただき、事前に薬を処方することができます。

ピリピリなどの初期症状を感じたらなるべく早めに薬を内服し、12時間後を目安に2回目を内服していただきます。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME